画像説明文

<養命寺の歴史> 






写真:

正秀公夫婦位牌と正光

公夫婦位牌






 照光山養命寺は江戸時代の初期、慶長17年(1612年)に曹洞宗の寺院となった。元は法相宗の寺院で鎌倉時代からあったとされる。曹洞宗 養命寺は伊達家の家老橋本孫右衛門正秀の子、正光が菩提寺として開基した。御開山は大本山 総持寺の如意庵輪住 高梁市中井にある定光寺第八世雪山長梅大和尚である。長梅大和尚は実峰良秀禅師派の高僧である。

 初め養命寺は開基橋本氏の名に因み、正光山養命寺と称したが、その後 照光山養命寺に改めた。

 養命寺の御本尊は、釈迦無尼佛で、境内にある薬師堂には薬師如来が本尊として安置されており、その横には歴史学的にも貴重である阿弥陀如来木像、毘沙門天木像などが鎮座している。

 養命寺には鎮守(ちんじゅ)として、秋葉大権現 愛宕大権現 金毘羅大権現 山上大権現等が祀られており、養命寺の護り神としてまた地域の護り神として信仰の象徴となっている。

 春の大祭には盛大にお祭りが執り行われる。                  


                                    

               藤野浩吉氏監修 歴史探訪 {足見の史跡を訪ねて」より抜粋

                                                                 

                                 

               大峰山上大権現 光人画